マンションの大規模修繕について知っておくべき事

大規模修繕のことを知ろう

安全性を高めるために必要

マンションが古くなったら、大規模修繕が必要です。 大体どのくらいで建物が古くなるのか、調べてください。 すると自分が管理しているマンションで、大規模修繕が必要になる時期が分かるはずです。 また一般的な年数になっていなくても、不具合が見られたら大規模修繕をしてください。

高額な費用を準備しなければいけない

かなり大きな規模なので、料金は高額です。 大規模修繕をするために、計画的に貯金をしておきましょう。 大規模修繕の相場を調べるのも良い方法ですね。 また、異常が見られたら早く依頼することも重要です。 不具合がたくさん見つかると、費用が高くなってしまいます。

マンションの状態を見てもらう

業者に大規模修繕を任せたら、まずは建物診断を受けます。 すると具体的に、どこを工事すれば良いのか分かります。 建物診断を受ける際に、耐震診断も受けてください。 丈夫にしてもらうことで、安全性の高いマンションに生まれ変わります。 安全だということを、アピールしましょう。

大規模修繕をする頻度を考えよう

建物は、築年数が経過すれば劣化していきます。
修繕しないと、壊れて暮らすのが不可能になってしまいます。
マンションを管理している人は、住民の安全を担っていると思ってください。
壊れている部分があって住民がケガをしたら、自分の責任になってしまいます。
1年に1回など、頻繁に実施しなくても良いので安心してください。
大体、12年周期で大規模修繕をしているマンションが多いです。
建設されてから12年が経過すれば、どこのマンションでも不具合が起こりやすくなっています。

また費用についても、確認しておきましょう。
文字通り大規模な工事なので、費用もそれなりに大きくなります。
建物の状態にもよりますが、1000万円単位になることが多いです。
マンションを管理する時は、大規模修繕が必ず必要になると理解して、事前にお金を用意しておきましょう。
工事する箇所が多くなると、費用が高額になります。
早めに大規模修繕を任せることが費用削減に効果的です。

大規模修繕をする時は、いきなり工事に勧めません。
まずは建物診断を受けます。
建物を受けて、具体的にどこに不具合が生じているのか専門家が判断してくれます。
同時に、耐震診断を受けることもおすすめされています。
地震が来た時に、簡単に崩壊したら困ります。
耐久性がどのくらいなのか、調べてもらいましょう。
耐震性に問題があっても、大規模修繕の時に直してもらえれば大丈夫です。
安全に暮らせるよう、済ませておきましょう。