安全性を高めるために必要

大規模修繕の周期を把握しよう

大規模修繕をする周期は、大体12年ごとだと言われています。
マンションを管理する際は、いつ建設されたのか確認してください。
途中から、マンションの管理をすることがあると思います。
必ず前回の管理人から、聞いておきましょう。
12年に1回、大規模修繕をすると覚えておきましょう。
12年前に大規模修繕をしていても、再び12年が経過すればマンションの状態が悪くなります。

そんなマンションで、住民は安全に暮らすことができません。
古くて身の危険を感じるマンションでは、入居者が次第に減ってしまうでしょう。
入居者をずっと維持するためにも、大規模修繕をしてください。
壊れている部分を全て直すと、暮らしやすいマンションになります、

不具合を感じたら実施しよう

マンションの素材には、様々な種類があります。
壊れやすかったり、汚れやすかったりする素材もあるので、建設されてから12年が経過する前に、大規模修繕が必要になるかもしれません。
12年が近くなったら、定期的にマンションをチェックしてください、
すると不具合が起こっていることに、すぐ気付けます。
9年や10年でも、大規模修繕をして良いのでタイミングを見極めてください。

立地条件によっても、大規模修繕の頻度が短くなります。
沿岸に建設されているマンションは、潮風が当たります。
潮の影響で、普通よりも早くマンションの壁や屋根が脆くなると覚えておきましょう。
まだ12年経っていないから、大規模修繕をしなくて良いと油断しないでください。